お鍋の使い分けに重要な2つのポイント

>

分けた方がいいとは思えども

非金属

・フッ素加工製品
アルミやステンレス、鉄製品の表面をフッ素樹脂で加工したのがフッ素加工製品です。軽くて焦げつきにくく洗いやすい素材です。フライパンに多く使われています。焼く・炒めるの他茹でるのにも向いています。焦げつきにくい特徴があるので、焼き目や焦げ目をつけたい時には不向きです。長時間強火で調理したり、金属製のへらを使うとコーティングしてあるフッ素が剥がれてしまうので注意が必要です。
・土鍋
鍋を食卓に置くなら土鍋がオススメです。土鍋は保温性が非常に高く、一度温まると冷めるまでに時間がかかります。お粥やおでんといった長く煮込む料理が得意です。ただし、濡れたまま熱したり、空焚きや熱い鍋を急に冷やすとひび割れの原因になるのでご注意ください。

金属

・ステンレス
ステンレス製品の特徴は、高い保温性です。中火や弱火でも内部の温度を高く保つことができ、長時間煮込んでも具材が煮崩れしにくいので、肉じゃがやカレーなどの煮込み料理を得意としています。また、酸に強いので、じっくりと味を染み込ませるような料理にも向いています。
・アルミ
熱伝導率が高いアルミ製の鍋は、短い時間で全体に火を通す料理、例えば野菜を茹でるのに向いています。ただし、アルカリや酸に弱いので長い時間がかかる煮込み料理には不向きです。
・鉄製品
鉄製品は強火で調理したり、焼き目焦げ目をつける料理が得意です。鉄鍋は重たくて焦げつきやすいイメージがあると思いますが、パラパラの炒飯や焦げ目のついたステーキは大の得意分野ですので、正しく使えばとても美味しく仕上げることができます。油を切らしたり水気を放置したりと手入れを怠ると錆びてしまうので注意してください。